トップ / 治りにくい摂食障害とは

救急搬送

摂食障害の症状とは?

摂食障害とは、体が危険な状態にもかかわらず自分が太ってしまうという意識から離れられなくなり食べ物を拒んだり、食べても吐いてしまう拒食症や、食欲のコントロールができずにたくさん食べ過ぎてしまう過食症などの症状のことを指します。摂食障害は男性より女性に多く起こる症状で、食べ物とうまく付き合うことのできない背景には、家族との関係性、特に母親との関係が影響しているとされています。拒食症だけの場合と、過食症と混合して現れる場合など症状は多様化していて、いずれも心療内科などで心の治療をする必要があります。

カウンセリングについて

寝つきが悪く途中で目が覚めてしまったり、朝早く目が覚めることや体がだるく、起きられなかったり、遅刻をするなどといった症状が発生するとうつ症状にかかっていることが考えられます。精神科に通い、カウンセリングすることで患者の脳の中で物事を整理するようになり、軽快することにつながります。医者だけでなく、心理カウンセラーによるカウンセリングもあり、現在の悩みや憂うつな気分を和らいでくれる適切な治療方法です。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院の優秀な医師とは. All rights reserved.