トップ / 歯周病で歯を失う前に

救急搬送

歯周病は日本人に多い

歯が痛くなっていて歯医者にいくと、大体は虫歯になって治療をすることになります。虫歯が怖いという人は多いですが、それ以上にこわいのが、歯周病です。悪化するとやがて歯を失うことになるからです。歯が1本くらい抜けてもいいと思う人もいますがそれは違います。歯がなくなると歯茎は、歯は必要ないものと認識し歯茎も痩せてしまうからです。そのため歯茎のバランスもよくなくなり、さらに歯を失う要因になっていくのです。歯周病は、そうなる前に歯科でケアをすることが必要です。

歯科のケアで歯を大切にする

人が生活していく中で、歯科は非常に重要な役割を持っています。おいしい食事は、おいしく楽しむには、歯は欠かせないものですし、人間が生きていく中で、必要な、大切な部分と言えるのではないでしょうか。普段からケアをしっかりと行うことで、高齢になっても、自分の歯で、食事をすることができるようになります。また歯科は、歯をサポートしてくれるので、信頼出来る医院を利用することが大切です。いつまでも自分の歯で、食べていけるように頑張ってみましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院の優秀な医師とは. All rights reserved.